高額医療の請求・申請・控除

高額医療の申請の方法

高額医療の申請の方法について説明します。
高額医療を申請する先は、国民健康保険者は、住んでいる自治体の国保担当窓口です。

申請する際に必要なものは下記の通りです。
 ●医療機関の領収書
 ●国民健康保険証
 ●預金通帳
 ●印鑑

70歳以上の高齢者は、上記のものに加えて、高齢受給者証も持参します。

病院にかかる時にも、必要な高齢受給者証ですが、案外 忘れる方が多いようです。
これがないと、たとえ1割負担であっても、一般の方と同じように3割負担になってしまいます。

もちろん、後で申告すれば、差額分は戻ってきますが、国民健康保険証と一緒に保管しておくことをお勧めします。
また、高齢者は、住んでいる自治体の老人保険担当窓口へ申請します。


続きを読む

高額医療制度と保険

保険に加入して受けられる高額医療

日本の保険制度は、国民全員が保険に加入することが義務付けられています。

保険に加入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、保険によってどのような給付が受けられるのか見てみましょう。


私達が病院にかかると、診察や治療を受けたり、薬がもらえたりします。

これを『療養の給付』といいます。

これは、保険に入っていることで、医療費にかかる負担額が決められた負担のみでいい時の事をいいます。

いわゆる保険適用の分のことです。

この際、自己負担額が高額になった場合に、『高額医療』を受けることができます。

自己負担の限度額は、所録によって決められており、この限度額を超えた分を高額医療として還付されます。

続きを読む

高額医療制度とは

年末調整や確定申告・医療費控除・高額医療の概要

確定申告や年末調整・医療費控除・高額医療など、知っているようでいてよく分からない事ってありますよね。
特に、申請の仕方や申請先が分からない方は、案外多いのではないでしょうか?


年末調整は、毎月給料から支払っている源泉所得税と実際の所得税の差額を精算してもらうものです。
扶養家族がいる場合は、扶養家族の所得なども記入しなくてはいけません。

また、加入している生命保険や損害保険があれば、これも控除の対象になりますので、記入しなくてはいけません。

これは、会社員が行うもので、会社側が本人に代わって、精算してくれるものです。


確定申告は、自営業者や年金受給者、さらには給与所得者で年末調整を受けていない人が、自分で申告することをいいます。
対象者は、その年の収入に対して所得税の金額を計算して、住んでいる地域の税務署に申告します。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。