高額医療制度とは

不妊治療に関する高額医療について

愛する人の子どもが欲しい、一度でいいから自分の赤ちゃんを抱っこしたい・・・
切実に願っている人達がたくさんいます。
結婚して2年以上経っても、妊娠できない状態を不妊というのだそうです。

不妊治療は、精神的・肉体的・金銭的な負担がとても大きいものです。
初診・再診・一般不妊治療は保険対象ですが、高額医療費を必要とする治療の多くは保険が適用されません。
保険が適用されない不妊治療に体外受精・顕微受精があります。
1回の治療費は、20万円以上を必要としますから、保険が適用されないとなると、その負担は計り知れないものがありますね。

保険適用でないという事は、高額医療費請求ができないという事です。
しかしながら現在は、これらの特定不妊治療に要する費用を一部、助成してくれる制度ができました。
条件は、下記の通りです。
 ●特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された法律上の夫婦
 ●助成してくれる自治体に住所を有すること
 ●知事が指定する医療機関で治療を受けて終了していること
 ●夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満であること
 ●申請日の属する年度において、2回以上、他県等で実施する特定不妊治療費助成を受けていないこと。
これらの条件を満たす方には、助成金が1年あたり治療1回につき10万円を限度2回まで、通算5年間支給されます。

しかし出来れば、不妊治療の全てが保険適用になることを、心から願わずにはいられません。
そうすれば、高額な医療費がかかっても、高額医療費として還付してもらえることもできますから、少しは金銭的負担も減るのではないでしょうか。
不妊治療に悩む全ての御夫婦に、一日も早く明るい未来が来ますように・・・

高額医療制度と保険

高額な医療費が必要なコルセット

高額医療費が必要なのは、入院や通院の治療だけとは限りません。
例えば、整形外科ではコルセットの作成に高額医療費が必要な場合があります。
私達は、人によって、骨の歪みや体型などが違います。
一般的なコルセットが合わない場合、技師の人にお願いして、オーダーメイドのコルセットを作成する時があります。
この場合、大抵が何万円単位の費用を必要とします。
患者さんの多くは、この金額を聞くと躊躇されます。

しかし、心配はいりません。
このように高額医療費が必要になった場合、代金を支払った後に健康保険の給付を受けることが出来るのです。
まずは、コルセットを作成した医療機関で医師に同意書・証明書を書いてもらいます。
この同意書・証明書、支払った領収書、保険証、印鑑、通帳を持って、健康保険の窓口へ行きましょう。
国民健康保険の場合は自治体の窓口へ、社会保険の場合は社会保険事務所へ行きます。
ここの審査が通ると、3割負担の方ならば7割分が支給されるのです。

たかがコルセットと思われるかもしれません。
しかし、骨が歪むと、痛みもひどくなります。
一般のコルセットを無理してはめていても、何の得にもなりません。
保険適用の金額で、自分にピッタリのコルセットが作れるのですから、お得だと思いませんか?
もしも、ご家族にこのような悩みをお持ちの方がいらっしゃったら、アドバイスしてあげて下さいね。
健康保険は、このような時にも利用することが出来るのです。


高額医療制度とは

高額医療費の限度額について

高額医療の限度額は、とても複雑です。
所得によって、3段階に分かれているのですが、どのように分かれているのか見てみましょう。

●上位所得者・・・基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯をいいます
●一般・・・上位所得者以外の世帯
●住民税非課税世帯

この3つは、それぞれ限度額が違います。

●上位所得者・・・150,000円、さらに実際にかかった医療費が50万円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
●一般・・・80,100円、さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
●住民税非課税世帯・・・35,400円


12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、限度額がさらに変わります。

●上位所得者・・・83,400円
●一般・・・44,400円
●住民税非課税世帯・・・24,600円

70歳以上の場合は、下記の通りです。

続きを読む
タグ:基礎控除
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。