高額医療の請求・申請・控除

高額医療の申請の方法

高額医療の申請の方法について説明します。
高額医療を申請する先は、国民健康保険者は、住んでいる自治体の国保担当窓口です。

申請する際に必要なものは下記の通りです。
 ●医療機関の領収書
 ●国民健康保険証
 ●預金通帳
 ●印鑑

70歳以上の高齢者は、上記のものに加えて、高齢受給者証も持参します。

病院にかかる時にも、必要な高齢受給者証ですが、案外 忘れる方が多いようです。
これがないと、たとえ1割負担であっても、一般の方と同じように3割負担になってしまいます。

もちろん、後で申告すれば、差額分は戻ってきますが、国民健康保険証と一緒に保管しておくことをお勧めします。
また、高齢者は、住んでいる自治体の老人保険担当窓口へ申請します。


続きを読む

高額医療の請求・申請・控除

高額医療申請・請求の条件

高額医療を利用するには、医療費が自己負担額を超えていることが条件ですが、それ以前に大事なことがあります。
それは、健康保険組合に加入していなければいけないということです。
これが、高額医療を申請するための必須条件です。


社会健康保険は、会社員やその家族が加入していますが、この保険料は給与から差し引かれるので、滞納する心配はありません。

しかし、国民健康保険の場合は、住んでいる市町村に保険料を納付しなければいけません。

銀行口座などからの口座振替や、自主納付(振込み)などの方法で、保険料は納付することができます。

最近は、コンビニから振り込むことが、できるようになった自治体もありますね。

自分の生活スタイルにあった方法を選べるようになり、随分 良くなりました。


続きを読む

高額医療の請求・申請・控除

出産の時の高額医療について

高額医療は、負担金が限度額を超えた場合に、還付されるものですが、これに含まれないものに保険外の治療費があります。

高額な金額が必要なのに、保険外になるものの一つに出産費用があげられます。

出産にかかる費用は、普通分娩で約30万円ほど、さらには出産までに通院して定期健診を受ける費用が約7から8万円と言われています。

これらの費用は、保険適用外となっていますので、高額医療が適用されません。
それは、出産が病気ではないという認識からなっているためです。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。