高額医療制度と保険

高額医療制度と民間保険を上手に利用

高額医療制度は、1ヶ月以内に高額な医療費を負担した場合に、自己負担限度額を超えた分を払い戻される制度です。

この制度を利用できると、例えば50万円の医療費がかかり、自己負担額が15万円だった場合、約6万円の高額医療費が還付されることになります。


しかしながら入院ともなれば、保険適用分の治療や薬のみならず、保険適用外のものだけでも、高額な金額になってしまいます。

しかも入院・手術をしたのが、月末だった場合などは、月をまたいで計算されることはないので、高額医療は全く戻らない事もあるのです。


それならば、高額医療が戻ってくるように、入院や手術を月初にしたら・・・と、思ってしまいます。

続きを読む

高額医療制度と保険

高額医療制度と健康保険組合

高額医療は、自分が加入している健康保険組合に申請しなくてはいけません。
この制度を知らずに申請をしなかったがために、払い戻しを受けなかった人が毎年多くいらっしゃいます。

大企業や公務員においては、申請をしなくても自動的に高額医療の算出をして、払い戻してくれるところもあるそうです。

会社によって、申請の仕方も還付される方法もさまざまです。

例えば、法律で定められている限度額は、一般の人で80,100円ですが、健康保険組合によっては違うところもあるようです。

自動車で有名なトヨタ自動車の健康保険組合では、この限度額が所得に関係なく20,000円なのだそうです。
申請をすれば、3ヵ月後の給与に合算して支払われる仕組みになっているようです。
これだけしっかり制度がなっていると、安心して治療に専念できますね。


続きを読む

高額医療制度と保険

高齢者の老人保健制度と高額医療制度について

あぁ・・・・医療保険の仕組みって本当に複雑ですね・苦笑
何も知らずに受け身体制でいると、どんどん高くなる医療費に不安が増えるばかりか、逆に損をする事にもなりかねません。
少しでも、知識を蓄えておくことが必要なのではないでしょうか?


2008年4月から老人保健制度が変わります。
一般の人で、70歳から74歳の人は、1割負担から2割負担へ変更になるそうです。
年齢を重ねれば重ねるほど、病気は治りにくくなります。
病院に支払う医療費が高くなると、負担も大きくなってしまいます。
万が一、入院などになって高額な医療費が必要になった場合は不安も大きくなりますね。
このような時のためにある制度が、高額医療です。


高額医療は、入院のみならず外来にも適用されます。
また、夫婦など同一世帯を合算して計算することもできます。
高額医療は、限度額が決まっていますから、限度額を超えていないと請求することはできません。

どのようなものか、高齢者の方の場合で見てみましょう。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。