高額医療制度とは

高額医療の計算方法について

高額医療を利用しようとした場合、どのように計算したらいいのでしょう?

70歳未満の場合で、見てみましょう。
仮に、70歳未満の一般の所得の方が、入院して1ヶ月に100万円の医療費がかかったとします。
高額医療を利用しないと、自己負担が3割になりますので、30万円が負担金になりますね。
これだけの金額を用意するのは、かなりの負担になってしまいます。


しかし、高額医療を利用すれば、負担をかなり減らすことができるのです。
高額医療の算出方法は、決められた計算式で算出します。
まずは、自分の負担金の限度額がいくらになるかを計算します。


続きを読む

高額医療制度とは

医療費の助成制度について

できれば病気になんてなりたくない・・・その理由のひとつに医療費の問題があります。
最近、医療費の増加が問題になってきていますが、医療費の負担を軽くする制度があるのを知っていますか?

もっとも馴染み深いのは、医療保険制度ではないでしょうか。
ご存知の通り、国民健康保険や社会健康保険に加入していれば、70歳未満の一般人で3割負担で済むという制度です。
病院にいって診察を受けるときに保険証を提示するのは、これらに基づいて病院が請求を行うためです。


他に有名な制度としては、医療費助成制度というものがあります。
乳幼児医療費助成制度・子ども医療費助成制度・老人医療費助成制度などがよく知られているのではないでしょうか。
例えば・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。