高額医療制度とは

高額医療費の限度額について

高額医療の限度額は、とても複雑です。
所得によって、3段階に分かれているのですが、どのように分かれているのか見てみましょう。

●上位所得者・・・基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯をいいます
●一般・・・上位所得者以外の世帯
●住民税非課税世帯

この3つは、それぞれ限度額が違います。

●上位所得者・・・150,000円、さらに実際にかかった医療費が50万円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
●一般・・・80,100円、さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
●住民税非課税世帯・・・35,400円


12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、限度額がさらに変わります。

●上位所得者・・・83,400円
●一般・・・44,400円
●住民税非課税世帯・・・24,600円

70歳以上の場合は、下記の通りです。

続きを読む
タグ:基礎控除

高額医療制度とは

年末調整や確定申告・医療費控除・高額医療の概要

確定申告や年末調整・医療費控除・高額医療など、知っているようでいてよく分からない事ってありますよね。
特に、申請の仕方や申請先が分からない方は、案外多いのではないでしょうか?


年末調整は、毎月給料から支払っている源泉所得税と実際の所得税の差額を精算してもらうものです。
扶養家族がいる場合は、扶養家族の所得なども記入しなくてはいけません。

また、加入している生命保険や損害保険があれば、これも控除の対象になりますので、記入しなくてはいけません。

これは、会社員が行うもので、会社側が本人に代わって、精算してくれるものです。


確定申告は、自営業者や年金受給者、さらには給与所得者で年末調整を受けていない人が、自分で申告することをいいます。
対象者は、その年の収入に対して所得税の金額を計算して、住んでいる地域の税務署に申告します。


続きを読む

高額医療制度とは

高額医療の有効期間について

医療費に関する計算は、とても複雑で難しく感じてしまいます。

治療や薬は、点数で計算されていますし、高額医療は、月単位・診療科単位などで算出しなくてはいけません。
しかし、保険適用外のものは、合算する事ができませんし、いろいろな規定もあります。


以前に、高額な医療費を支払った事があるけど、高額医療に該当するかどうかが分からず、そのままになっている方はありませんか?

高額医療に限らず、保険料の徴収や還付には、時効が存在します。
失効までの期限は2年です。


高額医療に関して詳しくいえば、診療を受けた月の翌月1日から2年間は有効です。

ただし、診療費の自己負担金を診療月の翌月以降に支払った場合は、支払った翌日から2年間となります。

この期間を過ぎると、時効によって高額医療を還付してもらえる権利が消滅してしまいます。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。