高額医療制度とは

高額医療費の限度額について

高額医療の限度額は、とても複雑です。
所得によって、3段階に分かれているのですが、どのように分かれているのか見てみましょう。

●上位所得者・・・基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯をいいます
●一般・・・上位所得者以外の世帯
●住民税非課税世帯

この3つは、それぞれ限度額が違います。

●上位所得者・・・150,000円、さらに実際にかかった医療費が50万円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
●一般・・・80,100円、さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
●住民税非課税世帯・・・35,400円


12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、限度額がさらに変わります。

●上位所得者・・・83,400円
●一般・・・44,400円
●住民税非課税世帯・・・24,600円

70歳以上の場合は、下記の通りです。

●現役並み所得者・・・月収28万以上、課税所得145万以上
●一般・・・現役並み所得者以外
●低所得・・・住民税非課税
●低所得者・・・住民税非課税、さらに年金収入が80万以下

70歳以上の限度額

●現役並み所得者・・・80,100円、さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算(外来は44,400円)
 12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、44,400円になります。  
●一般・・・44,400円(外来は12,000円)
●低所得・・・24,600円(外来は8,000円)
●低所得者・・・15,000円(外来は8,000円)

自分がどのランクか分からなければ、保険組合の窓口で確認すると良いでしょう。

タグ:基礎控除
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。