高額医療の請求・申請・控除

高額医療の申請の方法

高額医療の申請の方法について説明します。
高額医療を申請する先は、国民健康保険者は、住んでいる自治体の国保担当窓口です。

申請する際に必要なものは下記の通りです。
 ●医療機関の領収書
 ●国民健康保険証
 ●預金通帳
 ●印鑑

70歳以上の高齢者は、上記のものに加えて、高齢受給者証も持参します。

病院にかかる時にも、必要な高齢受給者証ですが、案外 忘れる方が多いようです。
これがないと、たとえ1割負担であっても、一般の方と同じように3割負担になってしまいます。

もちろん、後で申告すれば、差額分は戻ってきますが、国民健康保険証と一緒に保管しておくことをお勧めします。
また、高齢者は、住んでいる自治体の老人保険担当窓口へ申請します。


社会健康保険に加入している方の場合は、保険者を管轄している社会保険事務所に申請をしなくてはいけません。

社会健康保険の場合も、国民健康保険と同様に、領収書・保険証・印鑑を持参して手続きを行います。

会社によっては、会社側が申請手続きをとって、給料と合算して支払ってくれるところもあるようです。

分からなければ、まず会社に聞いてみると良いでしょう。

どちらの場合も、申請の認定がおりてから、還付されます。
還付は、申請の時に持参した通帳に振り込まれます。
貸付制度を利用される場合も、申請の時に持参するものは同じです。


また、低所得者の場合は、非課税を証明する書類「非課税証明書」を持参しなくてはいけませんので、注意しましょう。

なかには、領収書を紛失してしまった方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合は、病院で領収証明書を発行してもらえば、大丈夫です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。