高額医療制度と保険

保険に加入して受けられる高額医療

日本の保険制度は、国民全員が保険に加入することが義務付けられています。

保険に加入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、保険によってどのような給付が受けられるのか見てみましょう。


私達が病院にかかると、診察や治療を受けたり、薬がもらえたりします。

これを『療養の給付』といいます。

これは、保険に入っていることで、医療費にかかる負担額が決められた負担のみでいい時の事をいいます。

いわゆる保険適用の分のことです。

この際、自己負担額が高額になった場合に、『高額医療』を受けることができます。

自己負担の限度額は、所録によって決められており、この限度額を超えた分を高額医療として還付されます。

高額医療を受けられない時は、出産や美容整形などの自費扱いの行為です。

ただし、帝王切開のように手術行為が行われた場合は、高額医療が受けられます。


また、入院した時の食事代として『入院時食事療養費』、病気や怪我で会社を休んだ時は『傷病手当金』、出産した時は『出産育児一時金』などが受けられます。

該当している人には、保険者(社会保険事務所や自治体)から、還付
通知が来るところもあるようです。

しかし、自分で申請をしないともらえないところもありますので、該当しそうな時は、よく調べてみると良いでしょう。
会社勤めの方は、会社に聞いてもいいですね。


せっかく、保険料を支払っているのですから、確実に受け取れるようにしたいものです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。