高額医療制度と保険

高額医療制度と民間保険を上手に利用

高額医療制度は、1ヶ月以内に高額な医療費を負担した場合に、自己負担限度額を超えた分を払い戻される制度です。

この制度を利用できると、例えば50万円の医療費がかかり、自己負担額が15万円だった場合、約6万円の高額医療費が還付されることになります。


しかしながら入院ともなれば、保険適用分の治療や薬のみならず、保険適用外のものだけでも、高額な金額になってしまいます。

しかも入院・手術をしたのが、月末だった場合などは、月をまたいで計算されることはないので、高額医療は全く戻らない事もあるのです。


それならば、高額医療が戻ってくるように、入院や手術を月初にしたら・・・と、思ってしまいます。

しかし、病気の進行状態や病院・医師の都合もありますから、そんな簡単にはいかないものです。


病気になると、結構なお金が必要になります。

長期にわたって治療を続けなければいけないような病気は、薬も保険適用外のものに切り替えられる事もあります。

全額自己負担の薬は、種類にもよりますが、とても高額で驚くほどです。

これに切り替えると、貯金を切り崩しても足りなくなるという話を聞きました。

高額医療で還付されても、それ以上に支払わなければならず、金銭的にも精神的にも辛い日々になってしまいます。

このような事態になる前に、民間の保険に入っておくのも一つの方法ですね。

どのような内容で、どんな保障があるのか、しっかり調べて、自分のスタイルに合った保険を選ぶと良いでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。