高額医療制度とは

子どもの医療費負担について

子どもが風邪をひいて熱が出たりすると、治るまで何かと落ち着かないものです。
ましてや入院なんて事になったら、パニックになってしまいそうです。


子どもが病気や怪我をした場合の医療費は、以下のような制度で支払われます。

小さい子どもの場合は、乳幼児医療費助成制度というものを利用して医療費が支払われます。

対象者には、その証明となる乳幼児医療証が、住んでいる自治体から発行されています。


もしも、乳幼児が入院をしなくてはいけなくなった場合、通院や検査・手術などの費用の自己負担はありません。

これは、保険適用分を自治体が支払うからです。
もちろん、ベッド代や食事代などは、保険適用外になるので、ご家族が支払わなくてはいけません。

この場合の高額医療はどうなるのでしょう?

病院へ医療費を払ったのは自治体になりますから、医療費が高額な場合、保険組合に高額医療を申請するのは自治体になります。
家族が支払った費用は保険適用外なので、高額医療には該当しません。


現在は、中学生や高校生でも入院に関して、助成が出る自治体があります。

これを子ども医療費助成制度といいます。
この場合も、乳幼児と同じく高額医療の対象にはなりません。


子どもは、思わぬ怪我や病気をしたりすることも多いので、このような制度があると安心して病院にかかれますね。

乳幼児医療費制度」や「子ども医療費助成制度」が何歳の子どもまでを対象にしているかは、住んでいる自治体によって違いますので、注意してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。