高額医療制度と入院

国民健康保険加入者の高額医療について

国民健康保険は、会社などの職場の健康保険に加入していない人が、加入の対象となっています。

ですから、会社員の家族に扶養されていない高齢者の方達は、国民健康保険に加入するということになります。


国民健康保険に加入している方の1ヶ月以内の医療費が高くなった場合、どのように高額医療を算出したらよいか見てみましょう。

まずは、70歳未満の方の場合です。
外来も入院も、患者負担の限度額を超えた額が、高額医療費として払い戻しされます。

次に、70歳から74歳の方の場合です。
外来の場合は、患者負担の限度額を超えた額が、高額医療費として払い戻しされます。
入院の場合は、入院の患者負担限度額までの金額を支払えば、良いのです。


また、一世帯の医療費が高額になった時は、世帯で合算して計算します。

70歳未満の方で、外来の負担額がそれぞれ21,000円以上あれば、全てを合算し、世帯単位の限度額を超えた分が高額医療費として払い戻されます。
なかには、二世帯や三世帯が同居されている方達もいらっしゃるでしょう。
もしも、同じ世帯に70歳未満の方と70から74歳の方がいる場合は、さらに複雑な計算になるようです。


75歳以上の方は、老人保険制度で医療を受けます。

一定所得者で、外来も入院も1割負担で済みます。
もちろん、医療費が高額になった場合は、払い戻しが受けられますから安心してくださいね。

わからないことは、お住まいの市町村役場に問い合わせてみてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。