高額医療制度と入院

長引く入院と高額医療制度

入院をすると、思わぬほど長引いたりすることがあります。
長くなると当然、医療費もかさんでしまいます。

手術のように多額な金額はいらなくても、病気によっては薬代だけでも相当な金額になるそうです。
また、定期的に行われる検査や毎日の食事代など、毎月の出費は家計を圧迫しかねません。


少しでも、負担を減らすための制度に高額医療というものがあります。
同一月内にかかった医療費が、限度額を超えれば申請できるものです。


70歳未満の一般所得の方の場合、限度額は約8万円ですが、長い入院になって負担が大きいと、この限度額が引き下げられます。

過去12ヶ月の間に3回以上高額医療費の支給を受けたことがあり、4回目の支給に該当する場合がそれにあたります。

この時の限度額は44,000円になります。


高額医療によって、払い戻される限度額は所得によって、異なります。

また、70歳以上・70歳未満によっても、限度額は違います。
しかし、医療機関によって差があることはありません。
高額医療の算出方法は、世帯の医療費を合算させることもできます。
しかし、外来と入院などが複数ある場合は、その算出方法も複雑なものとなります。


長引く入院や通院でも、高額医療が適用されない場合があります。
例えば、人工透析などが必要な慢性腎不全の場合は、月々の自己負担額の上限が10,000円と定められています。


高額医療のみならず、医療費に関する規定は、複雑で分かりにくいものが多いですね。

医療費の質問をする時は、病院のソーシャルワーカーや専門家に相談することをお勧めします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。