高額医療制度とは

高額医療は診療科毎に算出しよう

改訂される前は、診療科ごとではなく、一つの病院で計算できたので、あちらこちらへと診療科を渡り歩けば、ある程度 高額になるものでした。

しかし今では、高額医療は診療科ごとに算出されます。
例えば、内科と整形外科にかかれば、それぞれに算出しなくてはいけない仕組みです。

それぞれの診療科でも、高額医療が適用されるものとされないものがあります。

例えば形成外科の場合、漏斗胸の手術や乳母再建の手術など、また整形外科ならば、椎間板ヘルニアや人工関節の手術に適用されます。

歯科は、自由診療といわれる治療法があります。
自由診療を選んだ場合、何万円・何十万円という金額が必要となります。

高額ですが、保険適用外になりますから、残念ながら高額医療は適用されません。

しかし、医療費控除の対象にはなりますから、確定申告で申請すると良いでしょう。


また、眼科のレーシック手術
この手術をすると、メガネやコンタクトといった煩わしさから解消されるとあって、話題ですね。
これも、保険適用外の手術なので、高額医療には適用されません。


自分や家族が受けようとしている手術が保険適用かどうかは、病院側から説明があるでしょうが、案外 無関心な方が多いようです。

入院代や治療費を払ってから、いくらか戻ってくるとは聞いたものの手続きが面倒と、さじを投げてしまう方もいらっしゃるようです。

高額医療が無理でも、医療費控除を受けることは可能である場合が多いので、一度調べてみてはいかがでしょう。


病院にかかったら、治療にかかった領収書や通院に使ったタクシーの領収書は、保管しておくと良いでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。