高額医療制度とは

高額医療費の現物給付化について

2007年4月に、高額医療に関する制度が一部新しくなりました。
今まで、70歳未満の方が入院する場合、入院費を支払ってからではないと高額医療の申請ができませんでした。

しかし現在は、病院の窓口で支払う金額は、限度額で良くなり、高額な医療費を支払わなくても良くなったのです。


これを『高額医療費の現物給付化』といいます。

ただし、注意しなくてはいけない点はあります。
まず一つ目に、認定証というものを発行してもらわないといけないという点です。

勤務先の事業所を管轄している社会保険事務所(国民健康保険の場合は市町村役場)に事前の申請をして、そこから発行される認定証を病院の窓口に提出しなくてはいけません。

これを怠ると、入院費を支払った後での高額医療申請という、従来通りの方法になってしまいます。

二つ目に、認定証は申請した月の初日からの適用になるという点です。
入院してからでも手続きはできますが、前月にさかのぼって適用を受けることはできませんので、注意しましょう。


いくら後で戻ってくるとはいえ、費用を立て替えるのは負担が大きいですよね。

もしかしたら、病気のために失業や休業といった新たな悩みに直面するかもしれません。

そのために、生活に困るようになっては大変です。

また、医療費が莫大な金額になると、借金が必要になるケースもあるそうです。
そうならないためにも、高額医療の制度を利用して、負担を軽くすることをお勧めします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。