高額医療の請求・申請・控除

出産の時の高額医療について

高額医療は、負担金が限度額を超えた場合に、還付されるものですが、これに含まれないものに保険外の治療費があります。

高額な金額が必要なのに、保険外になるものの一つに出産費用があげられます。

出産にかかる費用は、普通分娩で約30万円ほど、さらには出産までに通院して定期健診を受ける費用が約7から8万円と言われています。

これらの費用は、保険適用外となっていますので、高額医療が適用されません。
それは、出産が病気ではないという認識からなっているためです。


経済的にかなりの負担になるので、不安になってしまう事でしょう。

しかし、出産の場合、出産育児一時金というものが還付されます。
実際に分娩にかかった費用がいくらかに関わらず、一児につき一律35万円が支給されますから、忘れずに申請しましょう。


ただし、出産は正常な場合のみとは限りません。
帝王切開でお産をした場合は、これが手術という医療行為になりますので、保険が適用されます。

ゆえに、高額医療の支給対象となります。

出産は経済的負担も大きく、それゆえに少子化が進むなどといった問題があげられてきました。

しかし現在は、後日受け取るべき出産育児一時金を、医療機関が直接受け取れる制度も確定されています。
また、確定申告で申請をすれば、医療費控除を受けることもできます。

出産は何かと不安になるものですが、妊婦さんにとってストレスは大敵です。

これらの制度を上手に利用して、少しでもストレスをなくしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。