高額医療制度と入院

癌と高額医療について

入院や治療費に莫大なお金がかかると言われている病気のひとつに「癌」があります。
癌には良性・悪性と呼ばれるものがあり、腫瘍の場所や数、大きさによって、手術方法や治療方法がかわってきます。

癌になって心配になるのが、再発や転移です。
一度、癌になると定期的に検査を受けなくてはいけません。
また、抗がん剤と呼ばれる薬も飲み続けなくてはいけません。
抗がん剤の薬は副作用もあり、患者さんの状態にあったものが処方されます。
なかには、保険適用でないものもあり、これらの金額はかなりの負担になります。

癌の治療で保険適用の分は、高額医療制度を利用することができます。
同一月内、一つの診療科でかかった自己負担分が限度額を超えたら、健康保険組合に申告して、高額医療の費用を還付してもらいましょう。
病院にある相談課で、詳しく説明を受けることができます。
しかしながら、癌は高額医療の還付のみではまかなえない負担が多いものです。
差額ベッド代、保険適用外治療・・・もちろん仕事も休まなくてはいけない場合もあるでしょう。

万が一、癌になった時に経済的負担を少なくするために、あらかじめ民間のガン保険に加入している人は、大勢いらっしゃいます。
手厚い保障があれば、いざという時に、安心できますから、このような保険に加入しておくと良いでしょう。
加入しているからと安心していたら、肝心な時に保障がおりなかったという方もいらっしゃるようです。
既に入っているから大丈夫と思っている方も、いま一度保険内容を見直しておくことをおすすめします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。